2007年01月01日

NHKに抗議殺到!OZMAバックダンサーが突然の“全裸”

NHKに抗議殺到!OZMAバックダンサーが突然の“全裸”(サンスポ)

「第57回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京都渋谷区のNHKホールで行われ、ハプニングが続出した。開チン宣言で注目されたDJ OZMAは、本人の露出度よりも女性バックダンサーの“全裸”で驚かせ、抗議や問い合わせの電話が同局に殺到。本番中に三宅民夫アナウンサー(54)が謝罪を行う異例の事態となった。

 問題のシーンは、DJ OZMAが歌う「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」の2番に突入する午後10時22分過ぎだった。金色に輝くリオのカーニバル風衣装を身につけた20人の女性ダンサーが突然脱ぎだした。

 ブラジャーやパンティーまで脱ぐ凝った演出で、お茶の間も公共放送のNHKでまさか!?と一瞬、目を疑ったに違いない。ただ、目を凝らして見ると、バストトップまでリアルに描いてはいるものの、バストや腹筋のラインをわざわざ入れるなど、肌色のボディースーツの上からヌードの絵を描いたと分かるものだった。

 しかし、NHKにはやはり抗議や問い合わせの電話が殺到。「あの衣装は子供の見ている時間にはふさわしくない」「ふざけすぎ」といったものなど、午後11時45分までに計252件あった。なかには、本当の裸と勘違いした視聴者もいたという。

 そこで同局では30分後の同52分、徳永英明が歌い終わった後に三宅アナが登場し、「さきほどのDJ OZMAのバックダンサーが裸ではないかという問い合わせがありましたが、ボディースーツを着用していました。誤解を与える結果となり、申し訳ありませんでした」と謝罪。

 OZMAは終了後、報道陣に囲まれ「リアルに作りすぎたかな。でも、見てくれないと意味がないから」とぽつり。その横を司会の中居正広(34)が通りがかり、「ちゃんとフォローしとけよ」と苦言を呈した。

 ただ、OZMAは「北島先生から『うまくいったな』と肩を叩かれ、器の大きさを感じました」と懲りてない様子。北島も「俺は隠れていたからちゃんと見ていなかったよ」と苦笑い。

◆NHK広報局コメント
 「ボディースーツに絵を描いて、裸と見間違いかねない姿になるということは、演出側は知りませんでした。衣装の最終チェックであるカメラリハーサルでは、本番のような衣装ではありませんでした。今回の紅白のテーマにふさわしくないパフォーマンスだったと考えています」

★担当職員が証言、リハーサルでは「水着だった」
 “丸裸演出”について紅白の担当職員はサンケイスポーツに「リハではボディースーツではなく、ビキニの水着だった。出入り禁止になる可能性は高い」と証言した。


ってことでこれはもしや大問題になるのでは…わくわく。
紅白は全然見てなかったけど、幸運な事にこの場面だけ見てしまった。
急にダンサーが脱ぎ始めたから何があるのかと思ったら



まさかのトップレスーーーーーーーーー!(クリック拡大)

ozma1.jpg


カメラがあまり映さないもんだから、なかなか本物か偽物か区別つかなかった。
でもいくらOZMAだってNHKで本物はやらないだろうし、
テレビ東京のやりすぎコージーですらトップはNGなんで
さすがに本物ではないだろうと納得。
ボディスーツだと確認したら最後にダンサーがパンツも脱いだ。
偽物だとわかっててもやっぱり気になる。

マジックでOZMAと交代して出現したサブちゃんも

ozma2.jpg

見てる。バッチリ見てる。見てないとコメントしてたけどバッチリ見てる。
まあ裸のボディスーツの股間にキノコがあったら誰でも見ると思うけど。

まとめ画像見たらOZMAの股間がモロだった。(クリック拡大)

ozma3.jpg

こりゃ出入り禁止確定だわ。

NHK側は知らなかったと言ってるけど、DJ OZMAの芸風見てたんなら
やばそうなことくらいわかっただろうに。
つうか結構大掛かりな仕掛けだから、知らない方がおかしい気もする。
自業自得なんじゃないの?

個人的には、裸のボディスーツと言えばプルシェンコ。
これはボディスーツと言うより肉襦袢。

juban.jpg

この格好でエキシビジョン滑るからすごい。
さすがにパンツは脱がないけど、上のは脱いでた気がする。
女性ファンがとても多いので、この演目の時は会場が異常に盛り上がる。
上着脱いで投げたら、ストリップ劇場のような興奮のるつぼ。

ショートプログラムとフリーの演技を見る限りでは
とことん華麗でクールな人に見えるので、
こんなユーモアたっぷりのエキシビジョンをするのは意外だけど、
実は人より女性大好きな軟派野郎。
奥さんとの馴れ初めは、街で一目惚れしてナンパしたって言うんだから
筋金入りの女性好きだってわかることでしょう。
しかしこのエピソード、そこはかとなく親近感湧いた。


posted by 行方不明 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。