2007年01月26日

レニー、「ビバヒル高校白書」ルークと交際?

レニー、「ビバヒル高校白書」ルークと交際?(Movie Walker)

レニー・ゼルウィガーと噂になっているのは、米国の青春ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」でディラン役を演じたルーク・ペリー。米紙によれば、二人がロスのホテルのレストランで食事している姿が目撃されているという。「彼らは間違いなくデートしていた。彼はバギーのジーンズをはいて野球帽をかぶり、とてもカジュアルな装いだった」「レニーはボタンダウンのシャツにストライプのパンツを履いて眼鏡をかけていた。二人はとても仲睦まじげに喋っていて、膝を擦り合ったりしていた」と目撃者が語っている。

おお!ブリジット・ジョーンズとディランだ!面白そうな二人!

ディランと言えばこっちなんだけど、

dylan.jpg

最近こっちも出て来るようになった。尻。

nadagi.jpg

ザ・プラン9なだぎがビバヒルのディランのモノマネをネタにしたら
これが大ウケして、色んな番組に出るうちにいつの間にかキャサリンが
一緒に登場するようになって、なし崩し的にコンビキャラになってた。
ちなみにディランとキャサリンは恋人同士という設定。
ディランが元彼女ブレンダの話をするので喧嘩ばっかりしてる。
ブレンダは上の画像に映ってる黒髪の女性。
ビバヒルの中でディランと付き合ってた。

ディランとキャサリン、またの名は友近となだぎ武。リアルで交際中。

続きを読む
posted by 行方不明 at 22:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一青窈、不倫騒動…音楽プロデューサー小林武史と“親密交際”

一青窈、不倫騒動…音楽プロデューサー小林武史と“親密交際”(サンスポ)

「もらい泣き」の大ヒットで知られる一青窈に初めてのスキャンダルだ。しかもお相手は、人気バンド、Mr.Childrenやサザンオールスターズのプロデュースで知られる大物音楽プロデューサーで、妻子のある小林武史というから、ただごとではない。

 2人の「不倫愛」を報じているのは、26日発売の「フライデー」。同誌は、2人が手をつないで都内の住宅街を歩く姿を激写。食事後、一青の自宅で過ごし、深夜1時前に小林が彼女の自宅を後にした様子などを報じている。

 小林は平成8年、自身がプロデュースし、一時はメンバーでもあった人気ユニット「マイ・リトル・ラバー」のボーカル、akko(34)と結婚。2児の父親である。一方、一青は平成14年、「もらい泣き」でデビュー。抜群の歌唱力を武器に「ハナミズキ」などのヒットを連発した人気アーティストだ。これまでスキャンダルとは無縁だった。

 所属レコード会社によると、一青は平成17年、小林がプロデュースしたシングル「指切り」を発売。昨年11月発売のアルバム「BESTYO」には、小林が作曲した楽曲「てんとう虫」が収録されている。

 一青は、自身が作詞した「ハナミズキ」では♪君と好きな人が 百年続きますように、とせつせつと歌い上げていた。歌姫と小林の、今後が注目される。


サンスポ、最後に大多数の人が思ったことを文字にしてますね。
でもハナミズキは平成16年発売なので、二人が出会う前に作ったんじゃないかと。
ちなみにハナミズキはアメリカ同時多発テロがきっかけで作った曲らしい。

小林ことコバタケはずっと松下由樹と交際していて
世田谷の一軒家で同棲してた時、スポーツ誌2誌同時に「結婚か!」と
記事が出たほど深い仲で、実際結婚間近だろうと見られてたのに、
突然現れたMY LITTLE LOVERのakkoとデキ婚したという
男としてちょっと情けない経歴の持ち主。
しかも松下と付き合ってる間に大貫妙子にちょっかいを出して
松下のとこへ戻ったという話もあったりする。
どう考えても松下由樹の方がいいだろう、コバタケ。

続きを読む
posted by 行方不明 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

NHKに抗議殺到!OZMAバックダンサーが突然の“全裸”

NHKに抗議殺到!OZMAバックダンサーが突然の“全裸”(サンスポ)

「第57回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京都渋谷区のNHKホールで行われ、ハプニングが続出した。開チン宣言で注目されたDJ OZMAは、本人の露出度よりも女性バックダンサーの“全裸”で驚かせ、抗議や問い合わせの電話が同局に殺到。本番中に三宅民夫アナウンサー(54)が謝罪を行う異例の事態となった。

 問題のシーンは、DJ OZMAが歌う「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」の2番に突入する午後10時22分過ぎだった。金色に輝くリオのカーニバル風衣装を身につけた20人の女性ダンサーが突然脱ぎだした。

 ブラジャーやパンティーまで脱ぐ凝った演出で、お茶の間も公共放送のNHKでまさか!?と一瞬、目を疑ったに違いない。ただ、目を凝らして見ると、バストトップまでリアルに描いてはいるものの、バストや腹筋のラインをわざわざ入れるなど、肌色のボディースーツの上からヌードの絵を描いたと分かるものだった。

 しかし、NHKにはやはり抗議や問い合わせの電話が殺到。「あの衣装は子供の見ている時間にはふさわしくない」「ふざけすぎ」といったものなど、午後11時45分までに計252件あった。なかには、本当の裸と勘違いした視聴者もいたという。

 そこで同局では30分後の同52分、徳永英明が歌い終わった後に三宅アナが登場し、「さきほどのDJ OZMAのバックダンサーが裸ではないかという問い合わせがありましたが、ボディースーツを着用していました。誤解を与える結果となり、申し訳ありませんでした」と謝罪。

 OZMAは終了後、報道陣に囲まれ「リアルに作りすぎたかな。でも、見てくれないと意味がないから」とぽつり。その横を司会の中居正広(34)が通りがかり、「ちゃんとフォローしとけよ」と苦言を呈した。

 ただ、OZMAは「北島先生から『うまくいったな』と肩を叩かれ、器の大きさを感じました」と懲りてない様子。北島も「俺は隠れていたからちゃんと見ていなかったよ」と苦笑い。

◆NHK広報局コメント
 「ボディースーツに絵を描いて、裸と見間違いかねない姿になるということは、演出側は知りませんでした。衣装の最終チェックであるカメラリハーサルでは、本番のような衣装ではありませんでした。今回の紅白のテーマにふさわしくないパフォーマンスだったと考えています」

★担当職員が証言、リハーサルでは「水着だった」
 “丸裸演出”について紅白の担当職員はサンケイスポーツに「リハではボディースーツではなく、ビキニの水着だった。出入り禁止になる可能性は高い」と証言した。


ってことでこれはもしや大問題になるのでは…わくわく。
紅白は全然見てなかったけど、幸運な事にこの場面だけ見てしまった。
急にダンサーが脱ぎ始めたから何があるのかと思ったら


続きを読む
posted by 行方不明 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。