2006年02月28日

よしもとNO1男前&ブサイク発表

よしもとNO1男前&ブサイク発表(スポーツ報知)

2000年にスタートした吉本興業の情報誌「マンスリーよしもと」の恒例企画「男前ランキング」の06年度結果が27日、発表され、お笑いコンビ「次長課長」の井上聡(30)が初の首位に輝いた。2位はお笑いコンビ「麒麟」の川島明(27)、3位はお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(22)が選ばれた。一方、「ブサイク」の1位はお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと山里亮太(28)だった。

 吉本でもトップクラスのテレビ露出度を誇る人気者が「男前」でも頂点に立った。これまで5年連続で3〜4位に入っていた「次長課長」のツッコミ役・井上が初めてトップに立った。

 今年の同ランキングは、投票はがきや劇場配布用紙、携帯サイトなどで集まった約2万1000票から決定。5543票の井上が、2位の川島(2711票)、3位の藤森(1633票)に大差をつけて堂々の1位に輝いた。

 「ブサイク」のトップは、メガネとおかっぱ頭がトレードマークの山ちゃん(5379票)。2位の「ペナルティ」のワッキー(1214票)、3位の「カリカ」の家城(1148票)を大きく引き離して初の1位に輝いた。同コンビは04年のM―1グランプリの準優勝で脚光を浴びた。注目を集める相方のしずちゃん(27)はCMや映画出演で存在感を放ってきたが、今ひとつ目立たなかった山ちゃんが一矢報いた形か。


もうこんな季節になってしまったか!
万年無冠のイメージだった井上がついにトップ。
上が殿堂入りしていなくなった良いタイミングでブレイクできて良かった。
ま、もう男前なんて井上しか思い浮かばないか。

男前よりもイマイチ盛り上がらないのがブサイクランキング。
やっぱほんこんさんとフットボールのんちゃんが抜けると
万人にブサイクと言わせるパワーのある人が思い浮かばない。
山ちゃんも気持ち悪いけどブサイクとはまた違う気がする。
カリカ家城は…パワーないけどガチでブサイクだな。

信じられないことにパワーブサイクののんちゃんも、
子供の頃はこんなにキュート。
iwao.jpg

何が人をこんなに変えるのか、誰か研究した方が良いんじゃないの?

細かいランキングはまた発表されてから記事にする予定。





関連記事:のんちゃん3年連続栄冠 「―芸人男前・ブサイクランキング」
1年前のランキング。同じこと書いてて恥ずかしくなった。
posted by 行方不明 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千原ジュニア風邪でダウン

どこにも記事にはなってないけど、26日にジュニアのサイン会に行って
リアルタイムで見てしまったので一部始終を書いておこう。

ジュニアが大喜利のお題を出して素人がそれに答える参加型ネット大喜利「題と解」。
それが本になったのを記念して2006年2月26日(日)15:00〜タワレコ渋谷店で
千原ジュニア「題と解」のトーク&サイン会が行われた。

ちょっと遅れて行ったらまだ始まってない。
10分ほどすると山本、BコースタケトのJリーグコンビ登場。
タケトがステージ後方のタワレコロゴを指して大はしゃぎ。
「ワイドショーで見たことあるこのステージに上れてテンション上がりますわー」
しばしタワレコ談義をして、山本から残念なお知らせ。
「さて、ここで普通ならジュニアさんを呼ぶんですが…実はまだここに来ておりません!」
お客さんびっくり。
「2時の時点では起きてたんですよ!それで来てないって4度寝5度寝してるでしょ!」
とタケトにバラされていた。このときは寝坊だと思ってたのになあ。
ちなみにこのイベント、用意した参加券は全部はけてたほどの盛況っぷり。

続きを読む
posted by 行方不明 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

だいたひかるの新婚生活

一週間ほど前にはなまるで話してたから書いておこう。
いやー、ほんとにほんとにどうでもいいんだけど。

以前から知り合いだったものの、最初に意識したのはだいたの方で
「彼女いるの?」
と探りをいれ、いないと答えると
「女としてだいたひかるなんてどう?」
保険を入れつつ聞いてみる。
「いいんじゃない」
と相手が答えたのを幸いにして付き合い始めたらしい。
ちなみに旦那さんは光浦靖子をふくよかにした感じなんだとか。

プロポーズは初めて行ったバリだかモルジブとかどっか南の島で。
海を眺めて
「これを新婚旅行にしない?」
とだいたが言ってみると、旦那がうーんと黙ったので
「悪いようにはしないからさあ」
とたたみかけてなしくずし的にOKを貰った。

唯一二人で区役所に行ける日が仏滅だったので
仏滅に婚姻届を提出し、
旦那がだいたの家に手荷物ひとつで引っ越してきて今に至る。
はなまるに出演した時点ではお互いに忙しくて
結婚してからまだ3回しか会ってないと言っていた。

ここまで自分で書いて言うのもなんだが
ほんとにどうでもいい話だなあ。

関連記事:だいたひかる結婚
posted by 行方不明 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボンバー「獲るぞNo.1」R-1決勝進出者の8人発表

ボンバー「獲るぞNo.1」R-1決勝進出者の8人発表(スポニチ大阪)

◆ きんに君と双子?異色キャラ…少ないネタ数で勝負 ◆

 優勝賞金500万円をかけたピン芸人No.1決定戦「R−1ぐらんぷり2006」の決勝進出者8人が12日、都内で発表され、なかやまきんに君と双子説も流れるキャプテン☆ボンバー(27)が大舞台に駒を進めた。

 星条旗コスチュームに身を包み、米文化を伝える異色キャラ。最後に「ボンバー!!」と絶叫する力技が評価されたようだ。初出場だが、千原ジュニアやケンドーコバヤシらを抑えてのファイナリストだけに価値がある。

 会見では、司会の雨上がり決死隊・蛍原から「なかやまさんでしょ?」と突っ込まれても「ノースカロライナ州出身です」と別人説を強調。「なかやまさんが敗退された時に『You can do it』という言葉をもらったんで最後まで勝ちたいです」と2回戦で姿を消した親友の分まで奮闘することを誓った。

 1761人がエントリーした今大会。決勝は18日に都内で開催される。M−1では決勝ラウンド、最終決戦と優勝するために2本のネタが必要だが、R−1は1発勝負。ネタ数の少なさが特徴のボンバーにもチャンスはある!?

◆ 重圧にタジタジ…浅越ゴエも決勝進出 ◆

 第2回覇者で優勝候補の「ザ・プラン9」浅越も決勝に残った。前回優勝時は賞金が100万円だったが今回は5倍とあって「プレッシャー?みなさんが思ってる5倍はあります。優勝したらメンバーに少しだけ施しをあげたい」と意気込んだ。また、第1回大会から3年連続で、決勝敗退の友近も「自分が面白いなと思うネタを信じて周りを気にせずやっていきたい」と話した。


なぜ千原ジュニアがキャプテン☆ボンバーに負けているのか。
納得いかんぜよ!いかんぜよ!
やらせか!と思わせたいんでしょうか。

ちなみに決勝メンバーは
浅越ゴエ
キャプテン☆ボンバー
友近
あべこうじ
中山功太
博多華丸
バカリズム
岸学

ピンで売りたい芸人ばっか。ちくしょう。
いつの間にか消えた須知軍曹が気になる。





関連記事:
キャプテン☆ボンバー"本家"に勝利!「R-1」2回戦
R-1に登場するキワモノ
posted by 行方不明 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。